どこかに行ってきました。

カメラをもって旅に出たくなる。

「川上庵」へ蕎麦を食べに行って参りました。

軽井沢へ日帰りドライブに行ってまいりました。新緑が美しくなり、真夏もすぐそこまで迫っている感じでした(*´ω`*)

軽井沢には蕎麦の美味しいお店が沢山あります。その中でも初めて行った「川上庵」は、天ぷらが海老の尾頭付きで、お店の雰囲気もお洒落で、味も値段も満足できる料理処でした(*´Д`)

f:id:GONz:20180422110212j:plain

開店前に到着し、20人ほどが並んでいました。お店が大きいので、行列でも待つことなく席に案内されました( ;∀;)

 

f:id:GONz:20180422111649j:plain

鴨蕎麦と天ぷらそばがお勧めのようでした。鴨蕎麦も頼んだのですが、断然、天ぷら蕎麦がお勧めです。海老の尾頭付きの天ぷらは見栄えが素晴らしすぎます。天ぷらも蕎麦もベラボウに美味しかったです。これで1720円でした(*´▽`*)

 

f:id:GONz:20180422111110j:plain

テラス席もありましたが、店内からの眺めも最高でした。新緑が本当に綺麗でした。綺麗な景色を見ながらの食事は2倍の美味しさです('◇')ゞ

 

f:id:GONz:20180422113213j:plain

川上庵は軽井沢星野エリアの中にあるお店でした。どうやら、ホテルで有名な星野リゾートが隣にあるので、ここも星野リゾートの運営なのかもしれません(*´Д`)

 

f:id:GONz:20180520114557j:plain

都内よりも桜の開花が1か月くらい遅いのか、軽井沢周辺は桜が綺麗でした(*'▽')

 

f:id:GONz:20180520114821j:plain
f:id:GONz:20180520114825j:plain

お昼と夜でメニューが分かれていました。夜は若干お高め( *´艸`)

 

f:id:GONz:20180520114810j:plain
f:id:GONz:20180520114829j:plain
f:id:GONz:20180520114835j:plain
f:id:GONz:20180520114839j:plain
f:id:GONz:20180520114843j:plain
f:id:GONz:20180520114847j:plain
f:id:GONz:20180520114851j:plain
f:id:GONz:20180520114855j:plain
f:id:GONz:20180520114859j:plain

蕎麦処にしてはメニューが20ページにも及び、また再来してみたいという気になりました('ω')ノ



まとめ

日帰りで軽井沢は都内からだと少し遠いですが、平日なら車も少ないのでとても快適に行くことできると思います。軽井沢から1時間ほど車を走らせれば草津温泉があります。軽井沢でお昼を食べて、草津温泉を少し堪能してから帰路につきました。次は草津温泉で一泊してゆっくりしたいものです( *´艸`)

 

「伊東園ホテル・ニューさくら」に行って参りました。

 税抜き7800円で朝食と夕食が食べ放題!そしてホテルによって違いはありますが、アルコールも飲み放題の伊東園ホテルに泊まってまいりました。伊東園ホテルには初めて泊まりましたが、最初はあまり期待していませんでした。食べ放題・飲み放題という内容が、私の中で悪い印象しかなかったからです。それは居酒屋などでの飲み放題コース料理付きなどで、苦い経験を沢山したからです。ゴミのような料理と、飲み放題のはずなのに、一向に追加されない飲み物・・・・。

しかし、伊藤園ホテルの食べ放題・飲み放題で7800円は満足できる内容でした!

f:id:GONz:20180419101414j:plain

 

 

泊まったお部屋はデラックスルーム

f:id:GONz:20180418155536j:plain

宿泊当日の朝にヤフートラベル経由で予約を取りました。本来は南館のショボい部屋に通されるはずでしたが、ちょうどデラックスルームが空いていたようで、無料でお部屋をグレードアップしてくれました。

 

f:id:GONz:20180418155818j:plain

 8畳ほどの和室に洋室がさらにあり、ベットが二つ。1人1部屋でも2人1部屋でも値段が変わらないとのことでしたので、今回は1人1部屋で予約しました。予約当初は8畳和室との内容だったので、まさかこんなに広い部屋になるとは・・・・。

 

f:id:GONz:20180418160023j:plain
f:id:GONz:20180418160045j:plain

立派なお風呂が付いていました。洗面所には安っぽいドライヤーが一つ置いてありました。洗面所の水道は長らく使われていないのか、水がものすごく茶色かったです。おそらく、ほとんど使われることのない部屋なのでしょう。しばらく水を流したら普通に使えたので、あまり気にしませんでしたが、ちょっと五月蠅いお客さんだとクレームになりそうなぐらいに茶色い水でした。 

 

f:id:GONz:20180418155954j:plain
f:id:GONz:20180418155915j:plain

トイレは少し古い感じで、ウォシュレットなどは付いていませんでした。まぁ誰が使ったか分からないウォシュレットなんて使わないので、付いていなくても良いと思います。あとは申し訳程度に一人用のソファーがありました。 

 

館内をブラブラしてみたり

f:id:GONz:20180418161147j:plain

この伊藤園ホテルではビリヤードを無料ですることができました。宿泊客は高齢の方が多いので、待つこともなく使うことができます。無料ではありましたが、ビリヤード台はきちんと整備されていました。しかし、キューがちょっとボロかったです。安いホテルなのでお客さんが、キューを使って戦ったのかもしれません。

 

f:id:GONz:20180418160907j:plain
f:id:GONz:20180418160952j:plain

昔のホテルのようにゲームセンターにビリヤードが付いている形でした。ゲーム機は見たこともない位に古く、ピンボールなどが置いてありました。ゲームセンターCXの「たまゲー」に出てきそうな、古めかしいゲーム機が所狭しとあり、番組に取り上げられたら面白そうなだなぁと思いました。

 

f:id:GONz:20180418163131j:plain

 無料の卓球台もありました。卓球台は新しい感じでしたが、こちらもラケットがボロボロでした。ガチでやる人はマイラケットを持っていくことをお勧めします。

 

f:id:GONz:20180418163241j:plain

 無料の漫画コーナー。特に読みたいものはありませんでした。全体的に中途半端な品揃えで、どうせなら完結するように集めればいいのになぁと思える中途半端っぷりでした。

 

f:id:GONz:20180419085141j:plain
f:id:GONz:20180419084951j:plain

コンビニで購入する並みにリーズナブルなお値段でした。ビールじゃなくて発泡酒なのがポイントが高いです。350mlで150円、500mlで200円とホテル会では最安じゃないでしょうか。そして、巷で有名な虚無の酒、ストロングゼロハイボールも売っており、完璧な自販機でした。食べ放題のホテルなのにカップンヌードルとオツマミも自動販売機で売っていました。完全なる天国です( *´艸`)

 

温泉街をブラリとゆるゆる散歩

f:id:GONz:20180418163929j:plain

 温泉の近くをブラブラしてみました。立派な案内看板もあり、市を挙げて頑張ってる感じが伝わってきました。

 

f:id:GONz:20180418163423j:plain

 伊東園ホテルの隣には源泉がチョロチョロと湧き出していました。草津だとドババババとすごい勢いですが、鬼怒川温泉はしっとりとチョロチョロです。

 

f:id:GONz:20180418164001j:plain

 鬼怒川温泉は川を隔てて、両側に温泉街が並んでいるので、所々でこういった橋があるようです。

 

f:id:GONz:20180418164219j:plain

 近くには龍王峡という渓谷もあるので、川の水はエメラルドグリーンで凄く綺麗で、景色も良い感じでした。写真は曇りなので微妙ですが。

 

f:id:GONz:20180418164821j:plain

 インスタ映えポイントも所々にありますが、歩いている観光客は私以外、いませんでしたけどね。

 

f:id:GONz:20180418164252j:plain

 心なしか雲がドンより。

 

鬼怒川温泉駅

f:id:GONz:20180418170315j:plain

 駅前はものすごく綺麗に整備されていました。お土産屋さん、オシャレなカフェ、オシャレなバームクウヘン屋など日光に対抗して頑張っている感じでした。

 

f:id:GONz:20180418170423j:plain

 昔々、使われていたであろう電車をクルクルする機械があったり。

 

f:id:GONz:20180418170405j:plain

 きっと凄いものなんでしょう!

 

f:id:GONz:20180418170821j:plain

 駅内も綺麗ですが、電車は1時間に1本と過酷そう。

 

f:id:GONz:20180418170849j:plain

 外国人旅行者がパシャパシャ撮影するぐらいに大きな提灯があったりしました。鬼怒川頑張ってる感じです。

 

f:id:GONz:20180418170946j:plain

 駅前には足湯があり、意外にも若い旅行客が群がっていました。正直、鬼怒川の泉質は大したことがないのに、と不思議に思ったのは秘密です( *´艸`)

あと駅前にコンビニが無いのが過酷そうでした。

しばらく、駅周辺をフラフラして、お腹を減らしてメインディッシュの夜の食べ放題へ向かいました。

 

夕食バイキング

f:id:GONz:20180418202941j:plain

夕食のバイキングは1時間30分と微妙に短い時間でした。お年寄りが多いためか17時30分からの速いバイキングは人気で、早々に受付終了していました。バイキングは入れ替え制になっており、19時30分から開始されましたが、こちらのほうが前者よりも人が少なそうでした。 

 

f:id:GONz:20180430051907j:plain
f:id:GONz:20180430051909j:plain
f:id:GONz:20180430051903j:plain

 ちょうど「天ぷらフェア」と「お刺身フェア」をやっていたので、夕食のバイキングはかなり豪華な感じでした。天ぷらは海老天、こごみ、タラの芽、姫竹など春の山菜を使ったメニューになっており、シェフが揚げたてを提供してくれたので、とても美味しかったです。また、天つゆの他にも大量の「大根おろし」と「塩」が用意されており、至れり尽くせりといった感じでした。お刺身は「びんちょう」「カツオ」「甘エビ」「イカ」とあり、イカ以外はすでに残っていませんでした。1度だけ補充されましたが、それもすぐに無くなってしまいました。お刺身の鮮度は山の中なのに、水っぽくもなく美味しかったです。

 

f:id:GONz:20180418204836j:plain
f:id:GONz:20180418204827j:plain
f:id:GONz:20180418204820j:plain
f:id:GONz:20180418204814j:plain

 お酒は「アサヒスーパードライ」、「紙パックの日本酒」、「ジャックダニエルハイボール」、「レモンなどのサワー」とオーソドックスな取り揃えになっていました。ビールは自動でグラスを傾けて、おいしい泡を最後に入れてくれる近未来的な機械でした。機械も新しく、掃除もきちんとされているようで、安い居酒屋よりも美味しく感じることができました。ハイボールは炭酸をあとから足して薄くできるタイプでした。濃くすることはできないのが、ちょっと残念でした。日本酒は熱燗と冷ができるようでした。サワー系は飲み放題のジュースのような機械から出てきました。このサワー系だけは、ものすごい安っぽい味で、とても飲めるものではありませんでした。せっかく、大好きなレモンサワーで締めようと思ったら、あまりの不味さにガッカリ('ω')

貸し切り風呂と露天風呂

f:id:GONz:20180418220524j:plain

 温泉は大浴場もありましたが、貸し切り風呂も無料で借りることができます。

 

f:id:GONz:20180418220500j:plain
f:id:GONz:20180418220732j:plain

 どうやら、豪華な風呂付の部屋を交代制の貸し切り風呂として使っているようでした。

 

f:id:GONz:20180418220945j:plain
f:id:GONz:20180418220817j:plain

 ヒノキの湯が1番人気のようでした。次はチェックインの時に予約しようと思います('ω')ノ

 

朝食バイキング

f:id:GONz:20180430054253j:plain

 朝のバイキングは夜のバイキングに比べると如何してもショボかったです。しかし、サラダは夜のバイキングよりも種類が豊富で、単価の高いトマトもたくさん並んでいました。トマトが大好きなのでモリモリ食べてしまいました( *´艸`)

またブルーベリーとイチゴのジャムがとても美味しく、ヨーグルトに合えて食べると最高でした( ^)o(^ ) 

 

ちょうどフェア中だったみたい

f:id:GONz:20180419084818j:plain
f:id:GONz:20180419084826j:plain

 夜のバイキングは「天ぷらフェア」と「とちおとめフェア」を特別開催していました。とちおとめは規格外品を集めたようで形は不揃いでした。しかし、味はとても美味しかったです。残念なことに小皿に数個入れて、置いておけばいいのに、大皿に置いて、好きに選んで持っていけるようになっていたので、後半はグチョグチョのイチゴジャム畑になっていました。人気の料理は小皿に分けて出してほしいものです。まぁ手間がコストになってしまうので、一長一短だとは思います( ;∀;)

 

まとめ

 朝食と夕食のバイキングが付いて7800円を売りにしている、伊東園ホテルは素晴らしいの一言でした。残念なことに2018年の10月から一部の伊東園ホテルは値上がりしてしまうそうです。土日祝日に泊まるお客さんにとっては、今までのようにお得感は無くなってしまいますが、平日に泊まる分には今までとそんなに料金が変わらないようなので、平日の伊東園ホテルはお勧めです。

伊東園ホテルごとで施設の設備がことなり、バイキングの内容も若干の違いがあるようです。ホテルごとに若干の違いがあるからこそ、いろいろなホテルをめぐってみる楽しみがあるように思います。

これからも機会があれば、伊藤園ホテルを利用したいと思う今日この頃でした(*'ω'*)

 



朝食が付いて4000円のActive Resorts裏磐梯が凄かった。

f:id:GONz:20171117102918j:plain

駐車場も大きくて、エントランスには車を回すローターリーがあり、とても4000円で泊まれるようなホテルとは思えない高級な外見でした。まぁでも、よく見ると青いビニールシートとかがありましたけど( *´艸`)

 

f:id:GONz:20171117100158j:plain

外見は本当に立派でした!でも外見が立派すぎて、部屋がちょっとボロっちく感じました。それでも4000円で朝食までついてと考えると超コスパが良いですが。

 

f:id:GONz:20171117100139j:plain

宿泊客のほとんどが高級車なので、普段はお高いんだろうなぁと思いました。運転している方もお金持ちっぽかったです('ω')

 

f:id:GONz:20171117095858j:plain

高そうなソファーが置いてあるラウンジ、無駄に豪華。

 

 

 

f:id:GONz:20171117010244j:plain

浴衣は自分でサイズを選んで、持っていう形式でした。浴衣を使わない人もいるし、フロントで交換する手間もなくなるし、こういった効率化は素晴らしいと思います。日本人は無駄が多すぎるんです!

 

f:id:GONz:20171117010234j:plain

廊下の照明は節約のために落とされていて、幽霊屋敷のような薄気味悪さ。エコの時代だからね。このぐらいで良いと思います。逆に夜中のピッカピッカに光っているホテルとかコストの無駄。その分、宿代にコストが上乗せされるんだし。

 

f:id:GONz:20171117010202j:plain

廊下は適度な明るさでした。むしろ、雰囲気いいかも。

 

f:id:GONz:20171116182604j:plain

部屋は狭すぎず、広すぎず。ただし、トイレとお風呂が部屋に直接つながっているタイプなので、そこは減点かも。部屋についているトイレって、もう一人が使っている音とか気になりますし。

 

f:id:GONz:20171116182641j:plain

三人以上でも泊まれるようにソファーベットになっているみたいでした。ホテルのソファーって、テレビが見れるような配置になっていないことが多いのが残念。

 

f:id:GONz:20171116182626j:plain

テレビは24インチの少し小さめ。椅子と机は普通のホテルって感じでした。

 

f:id:GONz:20171116182615j:plain

 安かったのでしかたありませんが、ユニットバスでした。

 

まとめ

朝食が付いて4000円でこのグレードのお部屋に泊まれるなら、間違いなくまた再訪したいです。温泉もかけ流しではなかったけど、ヌルヌルっとした温泉を循環させている感じの露天風呂でした。あとフロントに頼むと色々な種類のシャンプーとコンディショナーを試すことができるようでした。これは女性の方には嬉しいサービスだと思います。どうしても備え付けのシャンプーとコンディショナーだと髪がゴワゴワしてしまいますし。

2度目の伊香保温泉に行って参りました。

 

今回は森秋旅館に泊まりました。森秋旅館は創業明治元年と歴史のある旅館です。旅館に到着してすぐに、多くの従業員の方に出迎えられ、お茶のもてなしを受けてから、部屋まで荷物を運んでもらう、昔ながらの旅館のシステムが残っている珍しい旅館でした。利益を上げるために一番最初に削るはずの人件費を、ここまで豊富に使っても、廃業しないのは凄いなぁと感動してしまいました(*´∀`*)

f:id:GONz:20180302160200j:plain

泊まったお部屋は8畳の和室+2畳ほどの広縁があるお部屋

f:id:GONz:20180302150740j:plain

部屋は清潔感もあって満足できました。昨今では珍しく、暖房もONになっていて出迎える準備万端といった感じでした。

 

f:id:GONz:20180302151434j:plain

床の間もあって、日本旅館っぽくて良い感じでした。 

 

f:id:GONz:20180302150823j:plain
f:id:GONz:20180302150843j:plain

部屋から少し廊下になっていて、洗面所があって、お風呂があって、トイレがある並びでした。部屋とトイレが近いと、使っている人の音とかが気になってしまうので、1番奥にあったので良かったです。お風呂は使いませんでしたが、綺麗でした。 

 

f:id:GONz:20180302150855j:plain
f:id:GONz:20180302150908j:plain

洗面所には必要最低限の化粧水がおいてありました。ドライヤーは据え付けタイプの昔ながらのちょっと古い感じ。

 

f:id:GONz:20180303002548j:plain
f:id:GONz:20180303002937j:plain

 廊下も日本旅館っぽい佇まいで、外国人の人とかに人気がありそう。

 

夕食はしゃぶしゃぶとお刺身とか

f:id:GONz:20180302180013j:plain

 豚のしゃぶしゃぶは地元の地豚を使ったものだったと思います。ネギの酢味噌は下仁田ネギを使っていて、全体的に地元の食材を使おうとしているのが伝わりました。山の中なのにお刺身が一番おいしかったのは秘密です( *´艸`)

コース形式になっており、食べ終わると次の料理が運ばれてくる流れでした。配食係の人はタイミングを見図るのが大変だなぁと思いながらも、タイミングばっちりでした。昔ながらの旅館だからこそできる、他の安い旅館にはできない接客サービスにちょっと感動してしまいました。

朝食は納豆と鮭で、にっぽんの朝ごはん

f:id:GONz:20180303075236j:plain

 朝食はバイキングではなくて定食形式でした。バイキングだとその日の気分によって量や好みを決めらから好きなんですが、たまには定食も悪くないと感じる内容でした。油揚げをカリカリに焼いたのがすごく美味しかったです('ω')

最高の泉質の露天風呂、もう1回は絶対に行きたい温泉

f:id:GONz:20180303002655j:plain

 以前に泊まった天坊の湯は色々なお風呂があって楽しかったです。一方、森秋旅館のお風呂は黄金の湯のみでした。しかし、源泉かけ流しで、湯量もすごく豊富なので、天坊で入った黄金の湯は何だったんだろうと思えるくらいに、温泉の成分が濃くて、トロトロの茶色いお湯は、温泉好きには大満足のお風呂でした。男湯も女湯も露天風呂に入る前に内湯に入れるのですが、この内湯が露天とはまた違う泉質の温泉なんじゃないかと思わせるくらいに濃厚でした。伊香保の黄金の湯は空気に触れることによって、鉄分が変化するとのことなので、内湯は露天と違って空気に触れる量が少ないから、違った温泉のように感じるのかもしれません。泉質の違いに感動するだけではなく、冬だったこともあって、内湯で温まってから露天風呂に入れるのも、すごく良かったです。冬にいきなり露天風呂は寒すぎて体に悪いですし。

すっかり本物の黄金の湯に感動して、部屋と露天風呂を4回ほど往復してしまったくらいに泉質が素晴らしかったです。それと同時に森秋旅館よりも泉量の多い他のホテルは、これよりも凄い黄金の湯が楽しめるんじゃないかと、期待してしまいます。いつか行きたい。

部屋から見た景色とか、ロビーとか

f:id:GONz:20180303083122j:plain

 部屋から伊香保の階段とアルプス山脈?が見えました。伊香保の階段は全体的にぼろっちい建物が多いです。また、よく見ると旅館やホテルの寮と思われるアパートが目につきました。

 

f:id:GONz:20180303091146j:plain

ホテル並みの価格でコーヒーを入れてもらえるみたいでした。朝日が差し込んでいて、ちょっとゆっくりしたかったのですが残念。近くのホテル天坊だとこんな感じのロビーのソファーで、ソフトドリンクを無料で振舞っていたので、ちょっと残念でした。 

 

まとめ

ホテル天坊に泊まった時は伊香保温泉の黄金の湯の泉質なんて、大したことないなぁと思っていました。しかし、森秋旅館に泊まって、伊香保の階段の頂上にある共同露天風呂にも入って、伊香保温泉を勘違いしていたことに気が付きました。草津温泉に続いて、伊香保温泉は本当に素晴らしい温泉の泉質です。もしかしたら、草津温泉よりも硫黄臭さが無い分、気持ち良く温泉を楽しめるかもしれません。昔、草津温泉で酷い二日酔いになり、気持ち悪かった時、硫黄の匂いで気持ち悪さが倍増したことがありましたし( *´艸`)

都内から関越自動車道を使って行く人なら、草津温泉よりも1時間も短く到着できて、道もグネグネしていないので運転しやすい伊香保温泉は最高の温泉だと思います。草津に比べて雪も少ないですし('ω')

 

 

gonz.hateblo.jp

 

 

gonz.hateblo.jp

 

安い野菜を求めて、日帰りの旅。

野菜が高いですね。

野菜が高すぎて、家庭菜園でも始めてみたくなりました。でも、収穫は何ヶ月後になるの?と思ったり(*´艸`*)

今はカット野菜を食べて凌いでいますが、種類が少なくて飽き気味。

そこで、安い野菜を求めて、道の駅をグルグル周るドライブに出かけて来ました。

天気も良かったので、気分転換も兼ねて道の駅を周るのは楽しかったです(゚∀゚)

道の駅 庄和

f:id:GONz:20180215141136j:plain

大きな凧が目印の道の駅。国道4号を栃木から東京に走ったことがある人なら、見たことがあるかもしれません。走っている車から見ても大きくてインパクトがあります。

  

f:id:GONz:20180215141400j:plain

平日なのに出店も出ていました。

 

f:id:GONz:20180215141233j:plain

簡単な軽食が食べられるコーナー。

 

f:id:GONz:20180215141302j:plain

 利用者は少なそうでしたけど、ラーメンが500円から食べられるので、とてもリーズナブル。またの機会に利用してみたいです(´・ω・`)

道の駅 ごか

f:id:GONz:20180215144124j:plain

とちおとめのソフトクリームが美味しそう。この日は寒かったので食べませんでしたけどね(´ε` )

 

f:id:GONz:20180215144210j:plain

無駄に広い歩道。祝日はフリーマーケットでもやるのかなって位に広かったです。

 

f:id:GONz:20180215144310j:plain

おしゃれに頑張ってる感じがあるけど、値段のところのテプラが安っぽく見えてしまいます。 

 

f:id:GONz:20180215144318j:plain

 かけうどん400円からなので、高速道路のSAに比べれば安かったです。

 

f:id:GONz:20180215144350j:plain

 甘味も微妙に豊富。しかし、その土地ならでは郷土料理が「生いちご」しか無いのが残念でした。

道の駅 さかい

f:id:GONz:20180215151139j:plain

駐車場が小さいので、あまり期待していなかったけど、輸入の果物が普通のスーパーの半額ぐらいで売っていて、謎でした(;・∀・)

 

f:id:GONz:20180215151340j:plain

世の中で「ローストビーフ丼」が流行っていますが、美味しそうに思えない・・・。海鮮丼みたいな感じだと思うのですが、ローストビーフはサラダで食べたい。

 

f:id:GONz:20180215151346j:plain

グランプリで賞を取るくらいなので、他の道の駅よりもご飯は美味しそう。

 

f:id:GONz:20180215151435j:plain

 店内は道の駅にしてはオシャレだと思いました(*´ω`*) 

道の駅 アグリパークゆめすぎと

f:id:GONz:20180215154223j:plain

全体的に古い感じが漂っていました。トイレもめっちゃ汚い(*´艸`*)

 

f:id:GONz:20180215154525j:plain

出店も平日なので1店舗しか営業していませんでした(;・∀・)

 

f:id:GONz:20180215154357j:plain

全体的にスカスカで、商品が少なかったです。 

 

f:id:GONz:20180215154542j:plain

1店舗だけ、出店が空いていました。車はあるけど、お客さんが少ないのが不思議(;・∀・) 

 

f:id:GONz:20180215154623j:plain

 天ぷら蕎麦が1000円位なので安いけど、美味しそうには感じませんでした。写真映えって大切(´ε` ) 

買った野菜

f:id:GONz:20180215171736j:plain
f:id:GONz:20180215171725j:plain
f:id:GONz:20180215171534j:plain

小さめじゃがいも10個位で130円。

小さい人参8本位で120円。

小さいブロッコリ200円。

 

f:id:GONz:20180215171503j:plain
f:id:GONz:20180215171440j:plain

小さいトマト6個170円。

小さい椎茸120円。

 

 

f:id:GONz:20180215171413j:plain
f:id:GONz:20180215171357j:plain
f:id:GONz:20180215171336j:plain

じねんじゅ180円。

小さい玉ねぎ120円。

小さい白菜180円。 

まとめ

規格外の小さい野菜が多いですが、相場の半額位で購入することができました。トータルで800円ほどお買い得でした。しかし、4時間ほどの時間を費やしたので、時給に換算すると200円程(´°ω°`)

海外パッケージの激安SDカードを買ってみた。

f:id:GONz:20180126191344j:plain
f:id:GONz:20180126191354j:plain

英語表記のみの海外パッケージが安かったので買ってしまいました。輸入品のSDカードは国内販売のものよりも、安価に購入することができますが、メーカー保証は期待できません。

1度もハズレを引いたことはないけど、初期不良対応期間中に使用に問題はないかぐらいはチェックした方がいいかも。

 

書き込み速度38MB、読み込み速度24MB

f:id:GONz:20180126180315j:plain

書き込み速度が80MB!と記載されていたので期待していたのですが、ノートパソコンのSDスロットで、DiskMarkを使い計測すると読み込みが38MBと・・・めちゃくちゃ遅い。

表示速度の63%しかスピードが出ていませんでした。どうやら、USB3.0スロットとUHS-1対応のメモリーリーダーで計測しないと表記の速度はでないそうです。

どうしても速度を優先したいときは、わざわざUSB3.0にリーダーを指して使えば良いけど、配線周りがぐちゃぐちゃになってしまいます。

 

まとめ

2,399円で安いなぁと思っていましたが、2年前は64GBのSDカードが、1600円程度で買えたようです。書き込み速度は遅かったでしょうが、着実に値上がりしてるんですね(´;ω;`)

 

伊香保の石段に行って参りました。

伊香保の石段は、昔ながらの温泉街を彷彿とさせる観光地でした。新しいものと古いものが入れ混じっいて、華やかさは無いけど、若い女性の観光客もいたりと、江ノ島に似た雰囲気がありました。

看板一つ一つが統一されていませんが、派手すぎず、昭和初期を彷彿とさせる景観が広がっていました。

f:id:GONz:20171211232821j:plain

 

階段はなんと365段

f:id:GONz:20180108231806j:plain

階段の所々に、オシャレなプレートがあります。365段の道中には、土産屋、飲食店、駄菓子屋、呉服屋など温泉街ならではのお店が、ひしめき合っていました。

 

射的とか大弓とか手裏剣とか

f:id:GONz:20180108231808j:plain

昭和初期を思わせる、射的屋が意外に多かったです。雰囲気は東海にある居酒屋、昭和食堂のような感じでした。

 

f:id:GONz:20180108231811j:plain

射的は難しくて、まったく取れませんでした。玉が真っ直ぐ飛ばない・・・

 

伊香保で一番おしゃれだと思う喫茶店

f:id:GONz:20180108231814j:plain

SARA"S terrace Arraiya (サラズテラス アライヤ)【旧店名】ティーレスト サラ

コーヒーと簡単な軽食を提供するお店でした。アルコールもあるので、伊香保では一番オススメかなぁと思います。店内はトイレも含めて綺麗でした。 

カツカレーうどん1200円

f:id:GONz:20171208122340j:plain

カツはサクサクしていて、ルーはサラサラでした。観光地にしては良心的なお値段で、満足のできる味だと思います。

オレンジジュレ500円

f:id:GONz:20171208124315j:plain

インスタバエするオシャレなデザート。手作りで、味も抜群。観光地なら十分満足できると思います。何度も観光地でボラれているので、評価は甘めです。 

 

インスタ映えを狙ったワッフル

f:id:GONz:20180125010218j:plain

 陽気なオッチャンが営むワッフル屋さん。手作りなので味も抜群に美味しかったです。ただオッチャンがインスタに闘志を燃やしすぎていて、ちょっと面白かったです。

 

 アヒル先生の聖地

f:id:GONz:20180125010234j:plain

 インスタ映しそうだけど、写真を撮っている人は皆無。観光地を盛り上げようとして、なんだか謎の路線に走っているいるのかなぁ 

 

まとめ

f:id:GONz:20180125010251j:plain

 雰囲気はちょっとだけ、京都の清水寺に向かうまでの、清水坂に似ているように感じました。しかし、出店している店に魅力を感じませんでした。京都の清水坂は伝統工芸品のお店も多くて、見ているだけで楽しいスポットです。しかし、伊香保の石段は全体的にB級臭がすごいです。どのお店もなんていうか、入りづらい雰囲気。改めて京都のお店はスゴイなぁと感じました。もう一度行きたいかと問われると、個人的にはあまり面白みを感じなかったので、温泉目的以外で行くことは無いと思います。

 

夜はホテル天坊にお泊りしました。

 

gonz.hateblo.jp