どこかに行ってきました。

カメラをもって旅に出たくなる。

14000円の折畳み自転車を買った話

f:id:GONz:20180323130330j:plain

折畳み自転車を買ってから1年が経過したので、使い心地などをまとめてみたいと思います(*´ڡ`●)

 

買った自転車はAmazonでの限定商品、「キャプテンスタッグ Oricle 20インチ折りたたみ自転車FDB206」。1年前から値段はそんなに変わらず、14000円でいつでも買えるようです。以前にタイムセールで投げ売りをしていたようで、Amazonレビュー数は400以上あり、平均星数は3.5とそんなに悪い商品では無いと思い購入しました。

自転車のスペック

■重さ

重さは約16kgほどあり、持ち上げることは可能ですが、持ち上げて運ぶのはちょっと大変です。普段は折りたたんだ状態でタイヤを使ってコロコロ運べばそんなに苦労しません。あと車の中でちょっと動かしたりすると腰が痛くなりそうです(゚∀゚)

 

■折畳み時のサイズ

870×455×720mmと小さく、軽自動車の後部座席の足元にスッポリ収まります。当然、汚れを気にしなければ、後部座席の座る部分にも簡単に置くことができます。自転車を載せた場合は3人まで車に乗ることができますが、後部座席の人は車がカーブすると自転車に押しつぶされます。しっかり固定したほうが良いかと(*´ڡ`●)

 

シマノ6段ギア

ローギアの設計になっているので、平地では20kmぐらいしかスピードが出ません。しかし、坂道は楽々です。タイヤが小さいので20km以上出すのは危険なので、ちょうど良い設計だとは思いますが、本当にびっくりするぐらいにスピードが出ません(´ε` )

 

■乗り心地

 ママチャリに比べると乗り心地は悪いです。タイヤが小さいため段差などで衝撃が強く、折りたたみ時に小さくなるためにハンドルの高さが低く、背中が痛くなってしまいます。しかし、コンパクトで持ち運べるという利点の前では仕方の無いことです。車に自転車を載せてちょい乗りする用途なら最強の自転車だと思います。

 

■付属品

自転車本体、ワイヤーロック、ライト、前カゴと最低限の装備が最初からついています。前カゴは自分で取り付けるようになっています。面倒なので付けてませんが、小さいので付けるてもおシャレだと思います。ライトは防水ではない安いライトです。ワイヤーロックは自転車に装備できるようになっているので、便利でした。普通に買うと1000円くらいはするかと思います。

 

Amazonでよくあるマイナスレビュー

すぐ錆びる→普通のママチャリより確かにちょっとサビ易いと思います。

すぐパンクした→1年使っているけど問題なし(段差ではあまり衝撃を与えないように配慮はしています)

新品なので傷・破損があるダンボールだけの簡易包装(プチプチなし)のため、到着時は破損がないか良くチェックした方が良いと思います。破損は配送時の破損が多いと思われます(配送業者の従業員によって当たり外れがあるため)また発泡スチロールも無いため。

傷は高い自転車ではないので、あまり気にしませんでした。と言うか日本人は傷を気にしすぎです。

まとめ

 以前はロードバイクを車に載せて、散歩などに使っていました。しかしロードバイクはエントリー機でも10万円くらいして高価です。そして盗難の心配があります。また、部品が脆いのでディレイラーハンガーが曲がることもよくあります。ディレイラーハンガーが走行中に折れ、リアディレイラーを巻き込み破損したことがありました。その時の修理金額はなんと約1万円と度肝を抜かれました。ロードバイクの部品って壊れやすいのに高すぎます。その反面、折畳み自転車は安くて、ロードバイクに比べて、丈夫なので買ってよかったです