どこかに行ってきました。

カメラをもって旅に出たくなる。

7800円で食べ飲み放題の「浅間の湯」は、まぁまぁ良かった。

 

マイブームの伊東園ホテルに泊まってまいりました。今回は長野県松本市に近い、「伊東園温泉、浅間の湯」にお泊りしました。浅間温泉の中にあるホテルでしたので、すこし温泉の成分を期待しましたが、アルカリ単純泉の効能の少なそうな温泉でちょっぴり残念(゚∀゚)

 

f:id:GONz:20180524112356j:plain

ホテルの入り口は立派な感じで、車はどこに停めるのかわかりませんでした。

フロントで説明されないと初見では絶対に分からないところに駐車場がありました。駐車場は坂を少し下ったところにあるので、先に荷物を降ろしてから駐車場に行くのがよさそうです\(^o^)/

 

泊まったお部屋は和室8畳+広縁付き

http://www.itoenhotel.com/Portals/0/images/hotel_image/833_asama/833heya001.jpg?11311594343713

画像は伊東園ホテル浅間の湯より参照

 疲れていたので部屋の写真を取るのを忘れてバタンキュー(゚∀゚)。部屋は殆どが和室で、レイアウトは部屋によって違いますが、広縁が付いていたりと1人で泊まるには広すぎるお部屋でした。

 

f:id:GONz:20180524112600j:plain
f:id:GONz:20180524112605j:plain

トイレにはウォシュレットが付いて、新しそうでした。お風呂は大浴場があるので使いませんでしたが、比較的、新しく綺麗でした。

 

f:id:GONz:20180524112637j:plain
f:id:GONz:20180524112636j:plain

ドライヤーが少し古いタイプなので、ちょっと残念でした。冷蔵庫はかなり古いものでしたが、きちんと冷えていたので十分です。 

 

 伊東園の売り、無料の卓球と無料の漫画と無料のカラオケ

f:id:GONz:20180524112737j:plain
f:id:GONz:20180524112742j:plain

 卓球をやる場合はフロントでラケットと球を借りないとダメなようでした。漫画は巻数もバラバラで、とにかく古く、こんなの読む人がいるのだろうかと思ってしまうぐらいにボロボロでした('Д')

 

f:id:GONz:20180524112747j:plain
f:id:GONz:20180524112753j:plain

地下にはゲームコーナーとカラオケがありました。伊東園ホテルのゲームコーナーは無料にすればいいのに、なぜか有料です。使っている人を見たことがないので、電気代の無駄なような気がします(´・ω・`)

 

 夜のバイキング+アルコール飲み放題

f:id:GONz:20180524112906j:plain
f:id:GONz:20180524112907j:plain
f:id:GONz:20180524112901j:plain

夜のバイキングは蟹の食べ放題、ちょっと冷めた天ぷら、食い散らかされたお刺身がメインでした(*´Д`)
お刺身は1回だけ補充されたので、少しだけ伊東園ホテルの良心を感じました( *´艸`)

 

f:id:GONz:20180524112940j:plain
f:id:GONz:20180524112939j:plain
f:id:GONz:20180524112938j:plain
f:id:GONz:20180524112936j:plain

アルコールの飲み放題は「生ビール」、「ハイボール」、「日本酒」と不満のないラインナップでした。また、グラスが冷蔵庫で冷えているので、ビールがすごく美味しかったです。

他の伊東園ホテルとは違い、地元長野の地ワインもありました。このワインが美味しいぶどうジュースをワインにしたような感じで、渋みもなく美味しかったです。少し、甘すぎるように感じましたが、甘ったるい感じではなかったので飲みやすかったです(*´ڡ`●)


露天風呂は無いけど、景色の良かった大浴場

f:id:GONz:20180524113016j:plain
f:id:GONz:20180524113017j:plain

景色は良かったけど、露天風呂が無いので長湯はできませんでした。やっぱり外の風がないと、どんな温泉も長湯ができないので、露天風呂は無くても外に出て涼めるスペースがほしいところです(´ε` )

 

f:id:GONz:20180524113051j:plain
f:id:GONz:20180524113049j:plain

 温泉の泉質はアルカリ性単純温泉の循環式です。資源が枯渇しないように、循環式にしてますという張り紙が貼ってありました。

温泉は無色透明で匂いも無いので、温泉目的で宿泊するとすこしガッカリしてしまうかもしれません(´・ω・`)

 

f:id:GONz:20180524113118j:plain
f:id:GONz:20180524113121j:plain

 各部屋にはなかった最低限のアメニティが充実していました。

 

Wifiは無いけど、ネットのできるパソコンと電子レンジ 

f:id:GONz:20180524113206j:plain
f:id:GONz:20180524113317j:plain

 伊藤園ホテルは高齢のお客さんが多いためか、無線でインターネットができるのがロビーだけなのが多いです。ホテルと名の付く所は、無料のWifiが当たり前のイメージがあります。

しかし、無料のインターネットの管理にも維持費がかかりますし、そのかわりに伊東園ホテル安くてコスパが良いので、仕方が無い部分だと思います(*´ڡ`●)

 

 館内の自販機はコンビニ並の値段で良心的

f:id:GONz:20180524113211j:plain
f:id:GONz:20180524113207j:plain
f:id:GONz:20180524113345j:plain

どの伊藤園ホテルでも自動販売機が充実している気がします。アルコールはもちろん、コンビニで売っているようなコーヒーやカップラーメンなど、他のホテルよりも自動販売の内容が充実していました(*´∀`)


次回予告とか、今やっているフェア

f:id:GONz:20180524114314j:plain
f:id:GONz:20180524114317j:plain
f:id:GONz:20180524114301j:plain

一緒に泊まった友人がローストビーフ無かったので(´・ω・`)ショボーンとしていました。しかし、よく見ると告知ポップだったようです。伊藤園ホテルは他のホテルよりもリピート率が高いためか、ちょいちょい告知ポップがあるので注意が必要です。
告知ポップが出ている期間は通常の食べ放題にプラスして、それらが提供されるので普段よりもバイキングがお得です。

今まで見てきた中では、「天ぷらフェア」・「鯛づくしフェア」・「マグロフェア」・「ズワイ蟹フェア」・「お刺身フェア」・「いちごフェア」などが色々なフェアがありました。お客さんを飽きさせないために頑張っているんですね(*´∀`)

まとめ

温泉を目当てで行くと、がっかりしてしまう温泉ホテルだと思います。

しかし、松本市内に近いので、「松本城」、「諏訪湖」、「上高地」、「美ヶ原」、「黒部ダム」など長野県の魅力的な観光地に近い立地なので、次の日にそちらに行くなら、とても魅力的なホテルだと思います。

松本市内のホテルはお値段が高い割に大したことがないし、安曇野のホテルは数が少ないので、ここを拠点に長野県を観光するとのを考えるとコスパが良くてお得なホテルです(*´∀`)