どこかに行ってきました。

カメラをもって旅に出たくなる。

「日光アストリアホテル」の温泉は最高でした(*´ڡ`●)

栃木県の奥日光にある、エメラルドグリーン色に輝く「湯元温泉」に行って参りました。

湯元温泉は硫黄を含む温泉です。硫黄温泉と言えば、群馬県草津温泉が有名ですね。草津温泉は熱いお湯に短時間浸かり、クールダウンして、最初よりも長く入浴することを繰り返すのが作法です。

江戸っ子みたいな熱いお湯も素晴らしいのですが、ゆっくりゆったりと硫黄温泉を楽しみたい時には、温泉の温度が熱すぎない湯元温泉がオススメだと思います。

 ホテルのロビー

f:id:GONz:20180917163315j:plain

ホテルのロビーなのでソファーの座り心地が良かったです。しかし、古いホテルなので、ロビーのトイレが古くて、ちょっと残念でした。トイレは清潔だったのでリフォームすれば良いのに・・・。

 

日光アストリアホテルの露天風呂は最高

f:id:GONz:20180917151844j:plain
露天風呂は10人くらいが一度に入れそうな大きさでした。

源泉かけ流しのpH6,4の中性のお湯でした。源泉は78度と熱々なので、温度を下げるために水を加水していました。40~41度くらいで、とても気持ち良くて素晴らしかったです。

f:id:GONz:20180917151820j:plain

内湯は露天風呂よりも大きくて、20人くらいが、ゆったりと入れそうな大きさでした。温度は露天風呂より低かったように感じました。

手前の小さなお風呂はぬるま湯で、いつまでも入っていられる位に温かったです。

こちらは3人くらいが入れるサイズでした。

 

f:id:GONz:20180917151825j:plain

洗い場は9人分あり、シャワーの勢いは強くて快適でした。ホテルなのでシャンプー、リンス、ボディーソープがありました。安いところだとリンスインシャンプーなので、シャンプーとリンスが別々なのは素晴らしい。

 

f:id:GONz:20180917162130j:plain
f:id:GONz:20180917162123j:plain


脱衣場にある温泉の成分表です。pH6なので草津温泉に比べると中性のお湯なります。草津温泉はpH2の強酸性なので、入っているだけで体が溶けていきそう。ここの温泉はお肌に優しいお湯に感じました。

 

f:id:GONz:20180917162225j:plain

無料のロッカーがあるので、日帰り温泉でも安心して利用できました。

 

f:id:GONz:20180917162207j:plain

ドライヤーはPanasonicの普通のタイプでした。高性能なドライヤーでは有りませんが十分だと思います。

 

f:id:GONz:20180917162150j:plain
ホテルなのでアメニティも豊富でした。温泉に入った後、お肌の保湿ができたのは本当に幸せでした。いつも保湿液を忘れてしまうので助かります。

 

f:id:GONz:20180917162726j:plain

脱衣場の外には「冷たい水」と「冷たい麦茶」がありました。風呂上がりの冷たい麦茶は本当に最高で極楽気分でした。

 

ホテルの自動販売機は大事

f:id:GONz:20180917163208j:plain
f:id:GONz:20180917163200j:plain

自動販売機が豊富で、カップラーメンやソイジョイやお酒など、至れり尽せりと言った感じでした。ホテルに泊まると夕食の時間が早いから、夜中にお腹が減ってしまうことが多いので、カップラーメンは助かります。 

 

f:id:GONz:20180917163252j:plain
f:id:GONz:20180917163245j:plain
f:id:GONz:20180917163235j:plain

お酒はスーパードライが350円、酎ハイが200円とホテルにしては良心的なお値段でした。アイスクリームがあるのもポイント高めです。

 

f:id:GONz:20180917163941j:plain

風呂上がりはロビーのソファーでまったりしました。お庭がすごく広くて、綺麗に手入れされていました。

 

f:id:GONz:20180917164712j:plain

売店でビンのサイダー250円を買いました。昔のラムネみたいな味で懐かしい。

 

f:id:GONz:20180917163335j:plain

ホテルは部屋数が100くらいあるみたいです。

 

食事と温泉がセットで2500円

f:id:GONz:20180917165808j:plain

温泉に満足したので、次回は食事付きの温泉を絶対に堪能したいです。食事が2000円で日帰り温泉は1000円です。2つセットだと2500円となり500円もお得。

 

まとめ

 都内から草津温泉に向かうと3時間40分かかります。それに比べて日光アストリアホテルは2時間40分で到着できます。そして湯元温泉は草津温泉に引けを取らない、素晴らしい硫黄温泉です。草津に比べて1時間も時間を短縮して、硫黄温泉を利用できるので、これからも通いたいと思いました。それに戦場ヶ原や中禅寺湖など日光には素晴らしい観光もありますしね(*´ڡ`●)