どこかに行ってきました。

カメラをもって旅に出たくなる。

2度目の伊香保温泉に行って参りました。

 

今回は森秋旅館に泊まりました。森秋旅館は創業明治元年と歴史のある旅館です。旅館に到着してすぐに、多くの従業員の方に出迎えられ、お茶のもてなしを受けてから、部屋まで荷物を運んでもらう、昔ながらの旅館のシステムが残っている珍しい旅館でした。利益を上げるために一番最初に削るはずの人件費を、ここまで豊富に使っても、廃業しないのは凄いなぁと感動してしまいました(*´∀`*)

f:id:GONz:20180302160200j:plain

泊まったお部屋は8畳の和室+2畳ほどの広縁があるお部屋

f:id:GONz:20180302150740j:plain

部屋は清潔感もあって満足できました。昨今では珍しく、暖房もONになっていて出迎える準備万端といった感じでした。

 

f:id:GONz:20180302151434j:plain

床の間もあって、日本旅館っぽくて良い感じでした。 

 

f:id:GONz:20180302150823j:plain
f:id:GONz:20180302150843j:plain

部屋から少し廊下になっていて、洗面所があって、お風呂があって、トイレがある並びでした。部屋とトイレが近いと、使っている人の音とかが気になってしまうので、1番奥にあったので良かったです。お風呂は使いませんでしたが、綺麗でした。 

 

f:id:GONz:20180302150855j:plain
f:id:GONz:20180302150908j:plain

洗面所には必要最低限の化粧水がおいてありました。ドライヤーは据え付けタイプの昔ながらのちょっと古い感じ。

 

f:id:GONz:20180303002548j:plain
f:id:GONz:20180303002937j:plain

 廊下も日本旅館っぽい佇まいで、外国人の人とかに人気がありそう。

 

夕食はしゃぶしゃぶとお刺身とか

f:id:GONz:20180302180013j:plain

 豚のしゃぶしゃぶは地元の地豚を使ったものだったと思います。ネギの酢味噌は下仁田ネギを使っていて、全体的に地元の食材を使おうとしているのが伝わりました。山の中なのにお刺身が一番おいしかったのは秘密です( *´艸`)

コース形式になっており、食べ終わると次の料理が運ばれてくる流れでした。配食係の人はタイミングを見図るのが大変だなぁと思いながらも、タイミングばっちりでした。昔ながらの旅館だからこそできる、他の安い旅館にはできない接客サービスにちょっと感動してしまいました。

朝食は納豆と鮭で、にっぽんの朝ごはん

f:id:GONz:20180303075236j:plain

 朝食はバイキングではなくて定食形式でした。バイキングだとその日の気分によって量や好みを決めらから好きなんですが、たまには定食も悪くないと感じる内容でした。油揚げをカリカリに焼いたのがすごく美味しかったです('ω')

最高の泉質の露天風呂、もう1回は絶対に行きたい温泉

f:id:GONz:20180303002655j:plain

 以前に泊まった天坊の湯は色々なお風呂があって楽しかったです。一方、森秋旅館のお風呂は黄金の湯のみでした。しかし、源泉かけ流しで、湯量もすごく豊富なので、天坊で入った黄金の湯は何だったんだろうと思えるくらいに、温泉の成分が濃くて、トロトロの茶色いお湯は、温泉好きには大満足のお風呂でした。男湯も女湯も露天風呂に入る前に内湯に入れるのですが、この内湯が露天とはまた違う泉質の温泉なんじゃないかと思わせるくらいに濃厚でした。伊香保の黄金の湯は空気に触れることによって、鉄分が変化するとのことなので、内湯は露天と違って空気に触れる量が少ないから、違った温泉のように感じるのかもしれません。泉質の違いに感動するだけではなく、冬だったこともあって、内湯で温まってから露天風呂に入れるのも、すごく良かったです。冬にいきなり露天風呂は寒すぎて体に悪いですし。

すっかり本物の黄金の湯に感動して、部屋と露天風呂を4回ほど往復してしまったくらいに泉質が素晴らしかったです。それと同時に森秋旅館よりも泉量の多い他のホテルは、これよりも凄い黄金の湯が楽しめるんじゃないかと、期待してしまいます。いつか行きたい。

部屋から見た景色とか、ロビーとか

f:id:GONz:20180303083122j:plain

 部屋から伊香保の階段とアルプス山脈?が見えました。伊香保の階段は全体的にぼろっちい建物が多いです。また、よく見ると旅館やホテルの寮と思われるアパートが目につきました。

 

f:id:GONz:20180303091146j:plain

ホテル並みの価格でコーヒーを入れてもらえるみたいでした。朝日が差し込んでいて、ちょっとゆっくりしたかったのですが残念。近くのホテル天坊だとこんな感じのロビーのソファーで、ソフトドリンクを無料で振舞っていたので、ちょっと残念でした。 

 

まとめ

ホテル天坊に泊まった時は伊香保温泉の黄金の湯の泉質なんて、大したことないなぁと思っていました。しかし、森秋旅館に泊まって、伊香保の階段の頂上にある共同露天風呂にも入って、伊香保温泉を勘違いしていたことに気が付きました。草津温泉に続いて、伊香保温泉は本当に素晴らしい温泉の泉質です。もしかしたら、草津温泉よりも硫黄臭さが無い分、気持ち良く温泉を楽しめるかもしれません。昔、草津温泉で酷い二日酔いになり、気持ち悪かった時、硫黄の匂いで気持ち悪さが倍増したことがありましたし( *´艸`)

都内から関越自動車道を使って行く人なら、草津温泉よりも1時間も短く到着できて、道もグネグネしていないので運転しやすい伊香保温泉は最高の温泉だと思います。草津に比べて雪も少ないですし('ω')

 

 

gonz.hateblo.jp

 

 

gonz.hateblo.jp